RSS | ATOM | SEARCH
海の幸の宝庫・能登>>美味しい★里海グルメ★はコチラ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
輪島塗の使い方を提案?
輪島塗を全国に広めた原点に立ち返り
女性の視点を生かして新たな使い方を
提案しようという企画が持ち上がってるようです。

輪島漆器商工業協同組合が販路拡大に向け
漆器を生かしたテーブル装飾など
使い方の提案に力を入れるそうです。

食空間コーディネーターを講師に招いて
セミナーも開催されました。

近年、不振が続く輪島塗を活気づけようと
これまでに様々な試みがありました。

でもね、輪島塗って根本から変えないと
以前のような活気は取り戻せません。

「変えたら輪島塗りじゃなくなる」ってことだろうけど
それだったら伝統工芸として後世に伝え続けるシステムだけを構築して
ビジネスとして新たな輪島塗の商品を生産すべき。

今回のような「提案」はこれまでに何度もありました。
今までにない販路を開拓したり
海外ブランドとのコラボもありました。

でも率直に言ってそれら一過性の話題にはなった程度。

輪島塗そのものを考えなおさなきゃ未来はないでしょう。
author:notomonzen, category:能登の文化, 06:51
-, -, - -
宇出津の「あばれ祭」開幕
昨日の石川県内は8箇所の観測地点で
30℃を超す真夏日になりました。

いよいよ夏本番といったところですが
能登に夏の到来を告げる祭り
能登町宇出津の「あばれ祭(まつり)」が昨日幕を開けました。

今日、キリコを先導役に神輿(みこし)2基が
海や川、火の中に投げ込まれます。

この荒っぽさが「あばれ祭り」という名の所以だしょうです。

ご神体が「スサノウノミコト」で別名「荒ぶる神」だから
荒っぽく扱えば扱うほど喜ぶ神様だそうです。
author:notomonzen, category:能登の文化, 11:24
-, -, - -
「あばれ祭」に先だち「子ども祭り」
 明日・明後日には「あばれ祭」が
能登町宇出津一帯で繰り広げられます。

それに先だち昨日・一昨日と
こどもによる「子ども祭り」が行われ
キリコ巡行やおはやしの披露などが
町役場一帯であり祭りムードを盛り上げてます。

いよいよ「能登の祭りの夏」の到来です。

author:notomonzen, category:能登の文化, 15:11
-, -, - -
街なみ環境整備事業が完了
10年前から進められていた
総持寺祖院周辺の街なみ環境整備事業が完了しました。

「禅の里」の魅力発信の本格化をはかるとのことで
2年後に開通予定の北陸新幹線金沢開業も視野に入れてるそうです。

いつも思うのですが・・・

北陸新幹線開通の話題がしきりだけど
そうなれば飛行機で能登空港を利用する人は減るのでは?

そんな気苦労は取り越し苦労であってくれれば良いのですが・・・
author:notomonzen, category:能登の文化, 13:16
-, trackbacks(0), - -
新嘗祭献穀田お田植え式
志賀町矢駄の水田で
宮中の新嘗祭(にいなめさい)献穀田お田植え式が行われ
早乙女姿の地元児童が古式ゆかしく
コシヒカリの苗を植え、豊作を願いました。


新嘗祭は新穀の収穫を神に感謝するお祭りのことで
「新嘗」とは、その年に収穫された新しい穀物を食することをいいます。

9月中旬以降に抜穂式が行われ
収穫された精米5合は11月23日の新嘗祭に用いられます。


戦後に11月23日は勤労感謝の日と代えられましたが
新嘗祭は、天皇と国民とが一体となり天地自然の神々に感謝し。
収穫を喜び合う全国民的な祭典だったそうです。
author:notomonzen, category:能登の文化, 11:31
-, -, - -
宗玄酒造で「酒蔵ツーリズム」
 珠洲市の宗玄酒造では
「奥のとトロッコ鉄道」とトンネルを再利用した
酒の貯蔵庫「隧道(ずいどう)蔵」を運営してます。

これらに合わせて日本酒の生産ラインを
観光客の見学に配慮した構造に再整備。

「酒蔵ツーリズム」の推進を図り
「新たな生産ラインと、トンネル貯蔵でまろやかな味と
良い香りになる新銘 柄を生かし観光誘客と市場開拓を進めたい」
とのことです。

奥のとトロッコ鉄道の利用客は
4月1日の開業から5月6日までに
1200人以上になったそうですよ^^
author:notomonzen, category:能登の文化, 10:02
-, -, - -
大野町で半世紀ぶりにアマメハギ復活
 国指定無形民俗文化財「能登のアマメハギ」。

少子高齢過疎化などで続けてる地区が減り続けてます。

そのうちの一つ輪島市門前町皆月では
1月6日に行われるところを帰省者の多い2日に行うなど
何とか継続してる感じです。

そうした中で輪島市大野町で半世紀ぶりに
アマメハギが復活します。

その背景には世界農業遺産「能登の里山里海」認定で
地域の伝統文化への関心が高まったことがあげられます。

ちなみにアマメハギとは
「アマメがくるぞ」と鬼が家々を回って
子どもたちの怠け癖を戒める民俗行事です。
author:notomonzen, category:能登の文化, 06:58
-, -, - -
能登ワイン用のブドウ収穫が始まる
 穴水町山中のブドウ畑で昨日から
能登ワインの原料とするブドウの収穫がまりました。

能登ワインに よると、収穫開始は例年並み。

昨日の収穫は「能登ワインヌーボー(白)」用の
セイベル種約2トンだそうです。

そのうちの1トンを
同町旭ケ丘の能登ワインの工場の
プレス機 で搾ったとのこです。

夏場の天候が良かったことから糖度が高く
色付きも良いそうで
赤4千本、白2千本の出荷を予定しています。

ちなみに能登ワインの総生産数は
昨年並みとなるブドウ約80トンで
ワイン約8万本の生産を見込 んでいるとのことです。

じつは私、能登ワインはまだ一回しか飲んだことがありません^^;

今年はヌーボーを飲んでみようかな?







>>口臭が無くなれば旅行もへっちゃら

author:notomonzen, category:能登の文化, 10:13
comments(0), trackbacks(2), - -
輪島朝市で100円調理
 輪島の朝市といえば能登の観光名所の一つだけど
今日から露店で購入した鮮魚や干物を
100円で調理するサ ービスがスタートしました。

イヤ、私はわかってるようで全然わかって無くて
そういったサービスはすでに
存在するもんだと勘違いしてました。

でも現実は今まで無かったんですね。

観光客から「新鮮な魚を楽しみにしてきたが食べる場所が 少ない」
との声が多く、それに応える形で実現したそうです。

今年3月にオープンしたまちづくり機関(TMO)が運営する
「朝市さかば 」が試験的に実施するとのこと。

これが好評を得て定着したらイイですね。








>>痛風発作が怖くてもビール・焼肉を我慢する必要無し!!



author:notomonzen, category:能登の文化, 11:10
comments(0), trackbacks(1), - -
平等寺のアジサイ

先日>>「ケロンの村」に立ち寄る前に平等寺に行きました。



別名「あじさい寺」で毎年アジサイの時期に行ってます。

今回は時期的にちょっと早かったけど
一応、アジサイの画像を掲載しておきます。

それから十三仏でも有名ですが
ソチラの画像は>>昨年の記事をご参照ください(^^ゞ

ではアジサイです^^






続きを読む >>
author:notomonzen, category:能登の文化, 06:14
comments(2), trackbacks(0), - -
キャッシング